海外転勤!夫との連絡方法は…?

娘ちゃんの英会話教室で知り合った、現在妊婦のママさんも旦那さんが海外転勤になっちゃったんだって(@△@;)

ベビ連れ転勤仲間…結構身近にいるもんですね。
なんだか親近感~(=ω=〃)
今日は思わず、赤ちゃんの予防接種や海外渡航向け予防接種、子供のパパシックなどの話で盛り上がっちゃいました(苦笑

彼女は、ドイツに行くんだって…

うらやましぃ~~~~~!!!!
(独身時代ヨーロッパ旅行した中で夏のドイツが一番好きだったのです/笑)

でも、ドイツには日本人学校は小学校からしかないから、幼稚園は必然的に現地の幼稚園に通うことになるんだとか。
今は、外国語よりも子どもの日本語のほうが心配だって嘆いていました(苦笑

それでね、先に渡航しているパパとの連絡方法を聞かれたんだぁ~

我が家は遠距離が長かったこともあり、気持ちの上では単身赴任状態に慣れているのか(?)連絡方法ってそこまで深刻に考えてなかったんだけど、そうか、悩むものだったのねぇ

皆さんはどうしているのかな????

スポンサードリンク


我が家は「Line電話」を使用しています(^△^)

無料でビデオ電話もできるし、スマフォ慣れしている人だったら(というか、Line使った事のある人なら?)、なんの支障もなく使いこなせますよねぇ~
ほんと、便利な世の中になったものです…(=ω=)

私が初海外デビューしたのは、かれこれ…10年前か(@△@;)!!?
もうそんなになるのか…。。

10年前は、まだ携帯もガラケーしかなかったし、国際電話用のプリペードカードを買って、公衆電話から日本に電話を掛けたんだよ(ーωー)

国によるだろうけど、公衆電話も音質がものすごく悪くて、電話の声がものすごく聞きづらかった記憶があります。
ビデオ電話なんて論外!

そして、5、6年前は主人(日本)と私(カナダ)で遠距離恋愛中でね

その頃はまだ「Line」がなくて、「スカイプ」を使ってたよっ

最近スカイプを使用していないから、勝手がわからないけど、スマフォにアプリをインストールすれば、きっとLineと同じように無料で通話できるんだと思っているんだけど、その頃はほら、スマフォ普及していなかったのよ。(そもそもあったのかも私の記憶にはないけど/汗)

だから、PC同士でスカイプ通信をする場合は無料だったけど、スカイプ(PC)から相手の携帯電話に掛けようと思うと、有料だったんだよね。(>_<)
一般の公衆電話から国際電話を掛けるよりは、安かったけど。

その後、娘ちゃんの妊娠中~生後半年くらいまで、主人が国内研修で単身赴任。
これは、国内だったので家族電話で無料だったよ。

今は、国内だろうが海外だろうが、スマフォにLineをインストールすれば、無料で連絡が取れる。

そんなわけで、主人は日本で使っていたスマフォの契約を解除し、電話のできない状態のスマフォをマレーシアにもっていって、マレーシアでその携帯をWi-FiにつないでLineを使い続けています(=ω=)

………ほんと、かゆいところに手が届きすぎる時代になったよね。
(私はラインの回し者ではありませんよ/苦笑)

スポンサードリンク

2 件のコメント

  1. すながあさこsays: 返信

    お久しぶりです!!
    LINEは便利ですよね!!
    うちもやっとネットが繋がりました!!
    LINE様様ですね 笑

    お春さん、英語ペラペラですか?!
    海外で働いていたのですか?!
    私も独身時代は海外旅行が好きで、ヨーロッパも行きました!!
    ロンドンが良かったです!!
    ドイツは行かなかったので、いつか行きたいですね!!
    と言っても英語は全然話せません。
    コンドがトラブル続きで、管理会社に英語で話さないと通じないので。。。苦戦してます。

    • お春says: 返信

      お久しぶりです!!!
      いよいよ、マレーシアでの生活がスタートしましたね!!!

      そして、トラブル続出なのですか(>_<;) 振り返ってみれば、海外ならでわの良き思い出!と思えるレベルだったらいいのですが…トラブルが解決することを日本から祈っています!!! 英語はペラペラになりたくてカナダに行ってみたものの挫折しました…凸凹 そして、帰国後英語をしゃべっていないので、その多くを忘れ、恐怖心だけが残りました…(苦笑) そんなわけで、子供たちには…英語頑張ってもらいます(ーωーメ) ロンドンもいいですよねぇvv 駅でハリーポッターごっこをしたのを思い出します(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP