赤ちゃんと一緒にJALの飛行機旅 to マレーシア

マレーシアに移動中のお話しv

搭乗手続きを済ませた後は、いざ飛行機の旅の始まりです!!!!
今回は日本航空(JAL)さんvv

当然ながら、息子君は初飛行機…

ニコニコ笑顔だけど、どうなる事か…

ちなみに私、過去に航空性中耳炎にかかったことがあってね…。

航空性中耳炎は、飛行機の離陸や着陸の時に、気圧の変化で耳に激痛が走ることを言うんだけど…子供がかからないかものすごく心配だったんだ。

当時、私も子供だったけど、中学生くらいだったと思うから、我が家のチビちゃんたちとは事情が違うからね…

赤ちゃんの航空中耳炎対策としては、どうやら、飛行機の離発着時にミルクを飲ませると、耳抜きができるからいいらしい。

…ということを、渡航前に耳鼻科の先生に相談したら

「赤ちゃんは耳が未熟で、そもそも航空中耳炎になる要素がないから気にしなくてOK」

 

だって…(チン

 

ただし、鼻詰まりしている場合は、弁が閉じた状態と同じになるから中耳炎になってしまう…ようなことを言っていた。

息子君、咳はしているけど鼻は詰まっていないから大丈夫かな???

一応、保険的に搭乗前に赤ちゃんルームでお湯をゲットして飲ませることに。

滑走路が近づいたころ、空腹MAXの息子君にミルクをあげると飲む飲む…

いつもとミルクの時間がずれちゃったからねぇ…

すまないよぉ、息子君(=ω=;)

そろそろ飛び立つぞぉ~と思ったら、滑走路内が込み合っているため、指示待ち中で、すぐには飛び立たない旨のアナウンスが…凸凹

…もちろん、離陸前に飲み干しました…凸凹

まぁ、飛行機が飛び立つころには眠ってしまったので、結果オーライかな???
中耳炎にかかることもなかったよ~

ちなみに、娘ちゃんの中耳炎対策としては、飴をなめさせていました(^△^)

空の旅が始まるとね、

事前に予約していた赤ちゃん用のベッド「ベビーバシネット」を設置してもらった!!!

こういう風に折りたたまれているベッドが…

 

こうなる!

 

バシネットは2歳未満の赤ちゃんが対象で、体重10.5kgまでだったら利用できるんだって

息子君はすでに8キロ近くあるから、次回のフライトでは使用できなくなってるかもな…(ーωー;)

娘ちゃんは、アンパンマンを見たり、ダイソーでゲットしてきたシールブックをやったりして退屈を紛らわしていたんだけど、そろそろ限界だったので、機内食で気分転換vv

写真の撮り方が悪くておいしくなさそうだけど、可愛いチャイルドミールが運ばれてきましたvvv

チャイルドミールも事前予約が必要です!

ニンジンが飛行機型になっていたり、可愛い動物のピックに刺さっていたり…
見た目の可愛さで、娘ちゃんのテンションがあがりましたvvv

フルーツ、プリン、たべっこ動物、スティックケーキ…デザートがたっぷり乗っていたけど、このほか、ハーゲンダッツのアイスクリームまでいただいてしまい…娘ちゃんにとっては天国(笑

まぁ、お菓子はママが預かっておいて、再度飽きちゃったときに食べさせたけどね

息子君が一度ウンチをしたけど、多少ぐずっても、大泣きすることもなく、娘ちゃんと同じタイミングで昼寝してくれたりして…大きなトラブル&ストレスなく飛行機の旅を終えることができましたvvv

スポンサードリンク


今回の旅では使わなかったけど、他に事前予約しておいたものとして…

かわいいポーチ入りの離乳食セット!

…4か月じゃまだ食べないだろ!!!!って感じですが、0~8か月までの赤ちゃんがいれば、用意してくれるんだもん。
今後貴重になるかもしれない、日本の離乳食ゲットです(>△<)ノ

ちなみに、機内で食べる場合は、お願いすると温めてくれますvv

そして、紙おむつvv


テープタイプのMサイズをいただきました。

いたれり、つくせりすぎて怖い…(=ω=)

マレーシアのクアラルンプール国際空港には、18時前くらいに到着。

少し混んでいたので、待ち時間を入れると入国手続きに30分ほどかかったけど、ビザなしの観光客の入国手続きの列はものすごいことになっていたので、早く入れた方なのかな???

その後、タクシーでモントキアラまで移動し、無事自宅(コンドミニアム)に到着!

初日は終了ですvvv

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP